結婚前の身辺調査で注意すること

結婚前の身辺調査での注意

結婚前の身辺調査を結婚相手にする場合の注意点を少し考えてみよう。

もしも、結婚前に身辺調査をするなら「絶対に結婚相手に気付かれてはいけない」、そして「身辺調査をしたということも調査後に気付かれるのは危険」といったものがあります。

結婚相手に気付かれてはいけないというのは、結婚相手に何も非が無かった場合、もしも非があったとしても、それは相手にあまり良い印象を与えないので、見付からずに調査を行い完遂させる必要があります。
もしも見付かった場合には、結婚の話が流れてしまう可能性もあり大変危険です。
結婚前に身辺調査の依頼をするなら、その辺のリスクについて考えてから調査を依頼しましょう。

そして、調査が終わっても、「調査をした」という事を気づかれないようにしましょう。
相手に非が無かった場合にも、調査をしたという事実が相手にとって不快にさせてしまう場合があります。
そして、もしも結婚相手に非があった場合、身辺調査で出た証拠から別れを告げるのも慎重に行う必要があります。結婚前になって判れ話しを切り出されると動転して、暴力に出るケースも報告されています。

相手に事情を説明する場合には、1対1で話をするのではなく、友人か親族に一緒にいてもらってから話しを切り出すようにしよう。
どうしても1対1で話をすることに拘る場合には、身の危険が無いかを十分に対策を取ってから話を切り出すようにしましょう。

結婚前の身辺調査はどれも慎重に対処する必要があります。調査を依頼する前にもう一度よく考え、そして調査のリスクについても知っておきましょう。